頑張らなくていい!少しずつ始める時短掃除を紹介

>

掃除は二の次になってしまう現状

この記事をシェアする

「掃除をする」と思わないことがポイント

せっかくの休日に、家の掃除で時間を取られるのは勿体ないですよね。
しかし、平日は忙しいため、結局掃除できるのは休日…と思っていませんか?
実は、私も掃除を面倒と思ううちの1人ですが、「この日は掃除をしよう」などとわざわざ掃除の日を決めると、かえってやる気がなくなり、その日が迫ってくることが憂鬱にすら感じてしまいます。
そこで、「掃除をする」という掃除日はあえて決めないことがポイントです。
楽しみなことなら別ですが、特段楽しみでもない予定を入れ、それを楽しみに待つことは絶対にありえません。
また、人間の心理の問題で、何かを決めると、それを予定通りに実行しなければと感じ、万一実行できなかった場合、自己嫌悪に陥るなど負の連鎖が待っているのは目に見えています。
かと言って掃除をしなければ、不衛生な空間に自分が不快になるので、掃除は必要になります。
掃除が苦手、面倒に感じている人は、まず掃除を溜めないことです。

成功の秘訣は「ついで家事」「ながら家事」

毎日、仕事や子育てに忙しく手一杯…なんて人も多いのではないでしょうか?
私もそのうちの1人ですが、みんなはどうしているの?と気になります。
忙しい人にとって、わざわざ「掃除の時間」をとるのは大変です。
そこで、毎日忙しい人こそ実践している掃除法が、「ついで家事」や「ながら家事」といって、何かしたついでに掃除する、何かをしながら掃除する、などの時短掃除法です。
例えば、朝トイレを使った際に便座周りをシートで一拭き、洗濯機を回している間に、明日の夕飯準備、顔を洗ったら、タオルで鏡を拭く…など、これを聞くと、意外ともう実践しているかも、それならできそう、と思う方もいますよね。
これ以外にも、わざわざ掃除の時間を設けず、簡単に且つ時短で実践できる掃除がたくさんあります。
これらの家事は、「手抜き」とは違い、ちょっとしたことを繰り返しやることで、快適になるだけでなく、掃除が溜まらないことが未来の自分を助けます。


▲ TOPへ